積み木の家

やっぱり一戸建てが理想!不動産購入は情報収集から始めよう

ローン返済の選択肢

お金と家

救済手段

任意売却は不動産売却価格がローン返済残高を下回っていても売却できるシステムです。通常、住宅ローンの借入金が滞納状態になると、債権者は担保となる不動産の競売を裁判所に申し込みます。その為、競売には法的な強制力が働き、なかなか融通が利きません。競売代金の一切合財は借入金の返済に充てられ、債務者は事実上の無一文となります。住宅の方も期限内に強制退去させられてしまいます。また競売は殆どのケースで相場以下の値段で売られてしまうので、思った以上に借入金は減りません。任意売却は債権者も債務者も得をしない競売を回避し、債権者の合意を取り付けて市場価格に近い金額で売却する方法です。専門の不動産コンサルタントが仲介に入る事で交渉を進めます。大阪でも注目を集めています。

競売にはないメリット

任意売却のメリットは競売を回避する事で、少しでも多くの借入金を返済できる点です。競売での落札価格は市場の適正価格を大きく下回ります。つまり買い叩かれるのです。それは大阪のような大都市でも変わりません。任意売却の場合は、あくまで市場原理に沿うので、大阪だろうと東京だろうと適正価格で売却されます。また強制力の伴う裁判所も介入してこないので、あくまで債務者の判断によって売却できます。引っ越し時期の融通や手元に残せるお金など、交渉次第では債務者にとって有利な条件を引き出す事も可能です。競売では売却物件として周囲に公開されますが、任意売却は秘密厳守で行われ、プライバシーは最後まで保護されます。大阪のような人の入れ替わりの激しい都市では断然にメリットとなります。